住宅ローンの頭金 住宅ローンの頭金についてなのですが、住宅ローンを組む際には頭金は最低でも2割は用意しておく方がいいみたいです。なぜ住宅ローンの2割が頭金なのかといえば、住宅ローンを借り入れる事ができる金融機関は物件の価格の8割までしか融資出来ないことになっているからです。家を購入する際には家の価格の他にローンの手続きに出費が掛かります。諸経費が200万円位かかってしまうとも言われていますから、住宅ローンの頭金は200万円とは別に物件の2割用意しておかないといけないでしょう。一例として5000万円の物件を購入する際には頭金に当たる2割と言うものは1200万円と言う事になります。 しかし住宅ローンを組む際にすべての貯蓄を使いきって家を購入すると言うのもとても危険なことになる為だいたい生活費の半年分は手元に残して住宅ローンを組むようにする事が大切です。ですから20万円の生活費の半年分として120万円は別で用意しておくとなると1200万円の頭金、200万円の諸経費、そして生活費の百二十万円の合計1520万円は住宅ローンを組むにあたっても必要ということですね。住宅ローンの頭金が少ない事により利用できる金融機関の幅が狭くなるでしょうし、借り換えができなくなるというデメリットがあるのですー